ごあいさつ

2008年6月21日(土)22日(日)、『さらば、わが愛 覇王別姫』自主上映会は
約150名の参加者を迎えて、無事開催することができました。
3回目の開催となった今年は、地元からの参加も定着してきました。
さらに、毎年参加してくださるレスリー・ファンの方、今年初めて遠方から参加してくださったファンの方など、
レスリーファンの輪も少しずつ広がってきたのを実感しました
また、「参加できないけど・・・」という応援の気持ちもたくさんいただきました。
このように多くのみなさんのおかげで、どうにか今年も上映会を成功させることができました。
本当にありがとうございました。
この活動を今後も続けていきたいと考えていますので、
これからもどうぞよろしくお願いいたします!



上映会当日に配布したパンフレットの文章をここに掲載して、ご挨拶&お礼とさせていただきます。

 ごあいさつ 

梅雨空に紫陽花が映えてまいりました。

本日は『さらば、わが愛 覇王別姫』上映会にお集まりを戴き、誠にありがとうございます。

香港俳優の故レスリー・チャン(2003年に急逝)を愛する地元山口のファンが、「今も銀幕で輝き続ける永遠の明星を自分達の手でスクリーンに復活させよう!」と自主上映を行う為に団体(Project L)を立ち上げ、3年目となりました。一昨年、昨年に続き、無事に今日を迎えることが出来ましたのも自主上映活動へご支援ご協力を賜りました皆々様のおかげと深く感謝しております。

さて、今回の上映映画『さらば、わが愛 覇王別姫』は、中国の京劇養成所に幼い頃から身を預け、徹底的なスパルタ教育を受けた京劇人気俳優:程蝶衣と段小樓、後に小樓の妻となる娼婦:菊仙の男女3人の生き様を、京劇「覇王別姫」を通じ、日中戦争から文化大革命へと移り変わる中国の現代史を背景に鮮明に描いた上映時間3時間弱の大作です。1993年フランスの第46回カンヌ国際映画祭で最高賞(パルムドール賞)を受賞。中国映画史上初の快挙を成し遂げました。

優れた演技力で定評の高いレスリー・チャン、チャン・フォンイー、ゴン・リーが三つ巴で演技の火花を散らす本作品をごゆっくりとお楽しみください。最後まで飽きることなくご鑑賞いただけることと思います。

2008年6月21日
『さらば、わが愛 覇王別姫』自主上映会
発起人;mikino、mui






inserted by FC2 system